電話の前に準備するもの

マンションを売却しようと決めた際、まずは電話をするにしても、実際に店頭へ足を運ぶにしても、一体なにを話せば良いのか分からないものです。

なにか聞かれてもチンプンカンプンできちんと回答できなかったらどうしよう……。

多くの人にとってマンションを売るという事は人生の中でかなり大きなイベントなので、誰でも不安に思うものです。

不動産屋に電話をする前に用意しておくと話がスムーズに進むモノがあるので、これだけは手元に用意しましょう。

■登記簿謄本

購入時にもらったもので構いません。

当時から変更があり未登記の情報は、まずは口頭で説明すれば大丈夫です。

物件の住所・面積・構造・新築年月日などが記載されているので、それを相手へ伝えましょう。

これらの情報は契約書や重要事項説明書にも記載されているので代用可能ですが、謄本から拾い出す方が楽です。

もし手元に全くない場合には、有料ですが登記情報提供サービスを利用すれば、登記簿に記載された情報をネット上で確認して印刷できます。

証明には使えませんが。登記簿謄本を取得するよりも費用は低いです。

■売買契約書と重要事項説明書

契約条件や重要事項が記載されています。

初回の電話で聞かれるような内容はほとんどありませんが、一応念のために用意しておきましょう。

■住宅ローン残高証明書

残債を聞かれた際に使用します。

マンションを売却しようと考えているほとんどの人が、売却金額が残債を上回る事を希望しますので、残債額は売却額には大きく影響します。

これは年末に金融機関から送られてきます。

最新の証明書が望ましいですが、数年前の証明でも現在の残債を推測できるので用意しておくとよいでしょう。

■固定資産税納税通知書(兼都市計画税納税通知書)

マンションの評価額と税額が書いてあります。

■管理費並びに修繕積立金等の書類

管理会社や管理組合から発行されます。

管理費と修繕積立金の額を聞かれることがあります。

積立金の総額を聞かれる事もあります。

不動産屋の店頭に行く前に用意するもの

上記の書類の他に以下の書類を持参すると良いでしょう。

これらの資料を担当者が読んで物件を把握するので、所有者が説明する手間をかなり省略できます。

■分譲当時のパンフレットや設備一覧表

当時の状況や設備野内容が分かります。

売却をする際にはこれらがあると有利ともいえます。

■マンション管理規約や使用細則

古いマンションでは何回も改正等をしている場合が多いので、必ず最新の物を持参しましょう。

ペットの飼育や特殊設備の費用負担等については売却時に大きな要素となります。

■大規模修繕の計画表など

大規模修繕計画や建替計画等の有無は購入者にとって大きな要素となります。

■土地測量図・境界確認書

マンションの場合は新築時にしっかりと行われている事が多いため、この段階では重要ではありません。

■耐震診断報告書や住宅性能評価書など

○○診断書や調査書と名のつく物はあれば内容を問わず全て持参すると良いでしょう。

その他、持参すると良いもの

■本人確認証(免許証やパスポート等)

不動産取引では本人確認が法律で定められています。

店頭へ赴いた際、その場で媒介契約(売却依頼)を締結することも少なくないので、念のため持参しましょう。

■三文判(認印)

前述のように媒介契約を結ぶために必要です。

その場で契約をしなくてもいいので、印鑑はどうしても必要というわけではありません。

上記は主に書類関係です。

最後に1つだけ大事な事を言います。書類も大切ですが、最も肝心なことは売却計画です。

電話や訪問をする前に、売却の動機や希望価格、引き渡しまでの日程などについて大まかなに決めておくと、担当者との打ち合わせがスムーズになります。

不動産屋は売買が成立して初めて報酬を得る事ができる仕事ですので、いつ頃に売りたいのかが分からなければ対応のしようがなく、見込み客と見てもらえないので、真摯な対応をしてもらえない事があります

あくまで向こうもプロであり、仕事として時間をいただいているという意識を少しは持って、「自分は客だぞ!」というような態度を取るのは遠慮しましょう。

相手の気持ちを理解しようとするという心構えは人間としてどんな場面でも大切ですよね。

このページのトップへ戻る